HOME

一般とマンスリーの物件の違い

まず一番違うのが、マンスリーマンションは短期から気軽に借りられるということ。
一般賃貸物件だと、例えば1ヶ月などの短い期間での契約はなく、長期契約となる。
そして、一般賃貸物件にも一部はある場合があるが、マンスリーマンションはすぐに住めるように、ベッド、タンスなどの家具全般、冷蔵庫、レンジ、洗濯機などの電化製品と生活必需品が揃っている。
さらには、ティッシュペーパーやスポンジなど細かい物も用意されている。従って、短期的な出張などにも利用しやすい。長期的に住む場合でも、マンスリーマンションの選択はもちろん可能だ。
その場合、一人暮らしをしていなく親元から出てくるなどで生活必需品を全部買い揃えないといけない場合に、初期費用をおさえるために役立つ。
都会にでてきて、仕事を探して収入を得るまでという使い方もできる。ただし、一人暮らしをすでにしていて物をもっている場合は物がだぶるのでその場合は意味がないので、その場合は一般賃貸物件のほうがいい。
マンスリーマンションはちょっとした旅行、長期滞在にホテルよりも価格が抑えることができるなどの利用方法も考えられる。